薄毛 原因

MENU

薄毛になる原因

薄毛や抜け毛が増える原因としては数種類あります。

 

大きく分けると

 

ストレスなどに精神的な要因

ストレスなどで代謝の異常や筋肉が収縮して血流が悪くなり血管の細部まで栄養が十分に運ばれなくなり髪が育ちにくくなったりすると言われています。(諸説あり)
ちなみに円形脱毛症はストレスが一番の原因だと言われています。

食べ物やアルコールなどの要因

バランスの悪い食生活や脂っぽい食事が多いと薄毛になりやすいと言われています。
髪の健康を保つ為には、ビタミンやミネラルなどが必須ですが、現代人の食生活ではどうしても不足しがちになってしまいます。
また、髪の毛の生成するために良質なタンパク質も必要です。

喫煙による要因

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮される働きがあります。
血管が収縮すると毛根部まで栄養分などが行き届きにくくなるので、薄毛・抜け毛の原因になると考えられています。

不規則な生活・寝不足などの要因

不規則な生活によってホルモンのバランスが崩れたり、寝不足になると寝ている間に細胞などを修復するための免疫細胞が働きにくくなったりとするので薄毛や抜け毛の原因になると考えられています。

最後に男性ホルモンによる遺伝的な要因

薄毛や抜け毛の一番の要因はこの男性ホルモンの分泌量が多いという人で占められます。
男性ホルモンの分泌量はある程度遺伝するので、男性ホルモンの分泌が多い家系だとどうしても薄毛・抜け毛になりやすいです。

 

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合すると発毛の邪魔をするジヒドロテストステロンというホルモンに変質します。