育毛 成分

MENU

薄毛や抜け毛に効くと言われている成分

ほとんどの成分は男性ホルモンの「テストステロン」と5αリダクターゼの結合を邪魔したり、どちらかの働きを抑制して、ジヒドロテストステロンの生成を抑えるという物が多いです。
(ミノキシジルは血管拡張による栄養を行き渡らせることで、育毛に結びつける物もありますが)

 

フィナステリド

日本では「プロペシア」の商品名で発売されているAGA治療薬です。
病院などでAGA治療を受けると、ほぼこのプロペシアが処方され1日1回を飲み続けることになります。

 

3年間飲み続けると78%の人が「髪が増えた」と言うアンケート結果もでており、5人に1人は改善されるAGA治療には特効薬的な薬です。

 

ただ、副作用も少なからずあると言われれており

  • 男性機能の低下
  • 性欲の低下

などが挙げられます。

 

日本では薬局で購入できず、病院にて処方してもらうか個人輸入代行業者から購入するしかないので、少し手間がかかります。

 

ミノキシジル

フィナステリド(プロペシア)の内服薬に対して、このミノキシジルは外用薬です。
(内服用のタブレット型もあります)
ミノキシジルが含まれている有名な育毛剤としては「リアップ」があります。

 

こちらもフィナステリド同様薄毛や抜け毛にかなりの効果がありますが、その反面副作用もあります。

 

副作用としては

  • 頭皮のかゆみ・炎症

です。
また、内服タイプのミノキシジルタブレットは元々降圧剤として開発された薬なので、髪の毛以外に循環器系にも副作用が出る可能性あるのでおすすめではありません。

 

リアップなどは薬局でも購入することができますが、他の育毛剤と比べると少し割高になります。